〜池袋で悩める人を導いて30年。幸せをつかむ方法、お教え致します〜


森川 義基カウンセリングオフィス
うつ病・対人不安・ひきこもり・恋愛相談・人間関係による悩み
など心の事、御相談ください。

豊島区でのカウンセリングお任せください!
【受付】月〜土曜日9:00〜18:00
東京都豊島区東池袋1-20-2ホワイトハウスビル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お気軽にお電話下さい。
TEL:03-3971-6760
更新日:平成28年9月15日

TOP

オフィス

▼カウンセラー紹介

カウンセリング

リンク

Mail

うつ(鬱)病・対人不安・ひきこもり・恋愛相談・人間関係による悩みは森川義基カウンセリングオフィスへ

うつ(鬱)病・対人不安・ひきこもり・恋愛相談・人間関係による悩みは森川義基カウンセリングオフィスへ





うつ(鬱)病・対人不安・ひきこもり・恋愛相談・人間関係による悩みは森川義基カウンセリングオフィスへ

人の目が怖い・憂鬱・ストレスが溜まる・眠れない
人間関係が上手くいかない・登校拒否・自己不安。。
このようなことで日々お悩みではありませんか?
独りで抱えないで、一度ご相談ください!

 もう数十年前になります。登校拒否の男の子と知り合いになりました。
だいぶ前から学校へ行かなくなり、今では家の自分の部屋で過す事が殆どだという。
 ある日突然、少年は社会との交流を途絶え、いわゆる引篭もり≠フ生活になりました。
原因が全くわからず、ご両親も困惑するばかりだった頃、そのご両親とお話する機会があり、少年とも知り合うことができました。
 見た目はいたって普通、どこにも問題を抱えているようには見えません。
しかし、見えない部分で大きな悩みを持っていました。
他人からみるとほんの小さな悩みかもしれません。
でも本人にしてみれば、学校にも行けない、行動するのも嫌になるような深刻な問題です。
悩みが深刻な分、心を開いてくれるまで辛抱強くこちらからアタックしていく必要がありました。

 当時、登校拒否は現在に比べごく僅か。ご両親の、息子を社会復帰させなきゃならない、息子を治さなければならない、そんな思いがひしひしと伝わってきました。
登校拒否というだけで社会から離れた存在のように思われていたと思います。
少年が自分のちからで前へ進もうとしている中でぶつかってしまった壁に、ご両親ばかりが焦っていても仕方がありません。
それで本人にプレッシャーを与えているのであれば尚更。
少年の将来が気がかり、立派な人間になって欲しい、そう願うのはとても良くわかります。
しかし人は、自分の人生くらい自分で歩んでいけるちからがあるのです。
周りの理解と広い心で見守る勇気が必要なのではないでしょうか。
少年が問題を越えるまでには、まずご両親から変わって頂く。
そうして一緒に生きていくための勉強をしていければ良いのではないでしょうか。

何度かカウンセリングを繰り返す中、徐々に少年に、ご両親に笑顔が戻ってきました。
その笑顔を見た時、私がこのカウンセリングという仕事を通じて、幸せを分けて頂いたと感じた瞬間でした。
そういった笑顔(幸福)をひとりでも多くの人に味わってもらいたいと思っています。

                                                     森川 義基