建築・設備業界の求人需要はとにかく高い!

経済のニュースを見ると、相変わらず「人手不足」という言葉が常に出てきます。とはいえ、人手不足の度合いは業種によって異なります。建築・設備業界はその中でもワーストクラスの人材不足に陥っています。

転職求人情報を手がけるリクルートエージェントの調査(2018年11月)によると、「建設技術者」の転職求人倍率は4.31倍だそうです。求職者1人に対し、4社以上から募集がかかるという計算になります。これは全ての業種の中でトップの倍率だそうです。

「建設技術者」というように、建築・設備業界に携わるには、基本的な建築に対する技術や知識が必要になります。また、オリンピックや災害からの復興で、建設・設備業全体が忙しくなる中で、建築技術者の仕事が楽ということはありません。それにより若い人の中には、敬遠する人もいるようです。このような理由から、需要に対し転職市場に流れる人材が大きく不足することになっているのだと思われます。

しかし逆に考えれば、他業種からの転職を考えている人にとっては非常に有利です。これだけの求人があることを考えると、きちんとした技術を身につければ、転職が成功する可能性は高いでしょう。

建築・設備業界への転職を考えている人は、このチャンスを逃してはいけません。迷うより行動です。勇気を出して一歩を踏み出してみましょう。

建築に関わる基礎をゼロから学べる住宅環境デザインコースはこちら

素直な心を忘れないで!

皆さんお早うございます今日はすごい寒いですね、今日は雪がちらつくようです、風がはやってますので気をつけてください。又朝早くから社長の一言読んでいただき有難うございます。今日もどんな素晴らしい出会いがあるか楽しみです。今週体験に来ていただいた方々本当に有難うございます。
皆さん1月は今年最初の月始まりです、初心にかえる1月、でっかい希望の持てる1月、今年も希望で一杯、今年も夢で一杯、無事に新しい年を迎えられて有難う!
皆さん今年は、有難うと素直に言える豊かな心、有難うを素直に受け入れる豊かな心を私も皆さんと一緒に心がけて今年一年頑張りたいと思います。
よろしくお願い致します。

   体験はこちら

今年は夢を実現に向けて頑張ろう!

新年おめでとうございます、朝早くからブログを読んでいただいている方ありがとうございます。皆さん今年は良い新音を迎えられたことと思います、今年は新たな目標に向かって実現させることにお役に立つよう私も頑張りますのでよろしくお願い致します。本日7日から当校も授業が始まります。夢実現のために頑張ろう!

   体験はこちら

CAD資格を取ったからといって仕事になるわけではない

先日資格取得講座についてのブログを書いておいて、このようなタイトルのものをあげることを不思議に思う方もおられるかもしれません。しかし、そのブログの最後に書いたように、建築・機械・電気・設備設計業界において、CAD系の資格が就職に及ぼすアドバンテージはそれほど大きくありません。正栄エデュケーションに相談に来られる方の中にも、「資格が目的」になってしまっている方が多いので、改めてそのことに触れたいと思います。

重要なのは資格を取ったその先、どんな仕事をしたいか、どんなキャリアを積みたいかです。そのためのひとつの指針として資格があるのであって、資格取得がゴールではありません。CADの資格を持っていても、図面が読めないでは、仕事では何の役にも立たないからです。

まずは自分が何をやりたいか、何になりたいかを考え、そのためにはどんな資格を取るべきか決めましょう。正栄では、資格を取るだけではなく、就職やキャリアアップのアドバイスもきちんとさせていただきます。

資格取得対策講座について

建築および機械設計、CADに関する資格にはいくつかあり、正栄エデュケーションにも資格対策の講座があります。今回はそれらの資格についてご紹介したいと思います。

正栄の資格対策講座のメリットは、まずマンツーマンで自分のレベルに合わせて学べるということです。試験の傾向を熟知した現役の設計士から、試験に特化したカリキュラムで合格を目指します。分からないところをそのままにするのではなく、その場で解決しながら進められるので、しっかりと授業を受ければ、合格する確率はかなり高いでしょう。

また、「CAD利用技術者検定」と「建築CAD検定」については、正栄は試験会場指定校となっているので、試験の際はいつもと同じ環境で受験することができます。試験は平常心で受けることが大切なので、この点は大きなアドバンテージとなるでしょう。

・2級建築士

2級建築士は、一般的な戸建住宅規模の木造建築の設計・工事管理が可能な国家資格です。正栄の2級建築士講座を受ける方には、他の資格スクールに通っていて落ちてしまった、独学で挑戦したが落ちてしまったという人も多くおられます。例年の2級建築士試験の合格率は学科で40%弱、製図で50%ちょっと、全体では25%前後と、決して広き門ではありません。学科の合格は2年間有効なため、学科合格者には実技のみの対策講座も行っています。

対策講座はこちら

・CAD利用技術者検定

CAD系の資格試験の中で、一番メジャーな資格です。2次元と3次元の2種類があり、さらに1級になると、それぞれ建築、機械、トレースの3つに分かれます。1級は2級を持っていないと受けられない。(ただし、併願は可能で1、2級同時に合格というケースもあります。)

対策講座はこちら

・建築CAD検定

建築図面に特化した、実技試験のみの比較的実践的な試験で取得することができる資格です。建築設計図面をCADで起こすという資格試験を行います。工業高校や建築系の大学で、学生が受けることが多い資格です。上位資格はCAD操作だけではなく、建築図面を正確に読める必要があります。准1級~4級までのレベルがあります。

対策講座はこちら

最後になりますが、資格を取ったからといってその後の人生がいきなりバラ色になると言うわけではありません。資格を持っているからといって就職が大幅に有利になるかというと、そうではありません。資格は自分の力量をためす、学ぶことへのモチベーションとして考えましょう。資格は通過点であり、その後に何をするかしっかりとビジョンを持つことが大切です。

図面の理論がいかに大切か!

皆さんお早うございます、朝早くから私のブログを読んでいただいている方有難うございます。今年も残り少なくなりました皆さんやり残したことありませんか。今日は図面を手書きで表現できることについてお話しましょう。手書きで完成予想図(透視図法「パース」が描けると言う事は「理論を理解している」と言ううことになります。手書きがCADに変わっても、理論を理解しているので問題なくCADで図面書けます、逆にCADなら立体的に出来上がった図面を書けても自分で出来上がった図面がなくても書けるのは、図面理論が理解されているからです。CADの操作だけ覚えても絵は書けても自分で考えて描くj事はできません。CADが当たり前になっている現在でも、建築士受験実技では手書きで図面を書いています。現在まだまだCAdのオペレーションだけのスクールがあり図面の理論は現場で必要なことは指導されてないようです、確かにCADのオペレーションだけのほうが学ぶ側にとっては未経験の方は楽ですよね、そこをスクール選びの解き間違えないで欲しいですね。いつでも当校ではご相談にのりますよ。

  体験はこちら

 

大きなチャンスが広がっています!

9月末に改正派遣法が定めたいわゆる「3年ルール」の期限がきてから、3ヶ月が過ぎようとしています。その間に聞えてきたのは、やはり「雇い止め」・「派遣切り」といったニュースの数々です。現実的には、派遣労働者の雇用の安定化にはつながっていないようですね。

2017年段階で、雇用安定措置の対象となる派遣社員のうち、派遣先で直接雇用されたのはわずか1.9%、派遣会社で雇用されたのは0.9%でしかないそうです。2018年になったところで、この数字が劇的に改善されることは想像しにくいでしょう。

未曾有の人手不足という雇用される側にとって比較的有利な状況の中でも雇用が安定しないのであれば、もし少しでも景気が悪くなってきたら、おそらく状況はもっと悪くなるでしょう。

上に書いた通り、今はどんな業界も人手不足です。建築、機械、設備、電気業界も例外ではありません。きちんとした技術を身につければ、きちんとした会社に就職、転職できる可能性はかなり高いです。

今、派遣という立場に不安な方、自分が置かれている労働環境に満足できていない方、チャンスを逃してはいけません。まず一歩を踏み出しましょう。正栄ならきっとみなさんの力になれるはずです。

まずは体験説明会へ!

企業がなにを求めているか?お答えします。

皆さんお早うございます、朝早くから私のブログを読んでいただいている方本当に有難うございます感謝です。これからの将来の道しるべの参考になれば幸いです。
皆さん最近は特に需要の高まりと共にCADオペレーターを目指す人が増えている一方でCADオペレーターとして企業から求められるレベルは上がってきてます。ただ単なるCADオペレーターではなく少しでも技術の高い人設計製図のスキルを持っている人が企業から喜ばれております。
基本の設計、製図の知識と技術を付け高い志を持ち続ければこの業界で活躍出来る事をお約束します。
当スクールは皆様の個々の目的に合わせてマンツーマン授業で技術を付けていただきます、一度ご相談に来ていただいて私と本音でお話いたしましょう。
では又

    体験はこちら

志あれば道は開ける。

皆さんお早うございます、朝早くから私のブログ読んで頂いている方有難うございます。少しでもお役に立てれば幸いです。
皆さん何が起こるかわからない世の中です、思わぬ壁にぶち当たり悩むこともあります。そんな時悩むだけでは新たな希望は開けない、大切なことは気分を一新し新たに強い意志を持ち直すことである。苦労の途中であっても断じて事をなす志さえあれば道は必ず開けてきます。
 では又

   体験はこちら

考えてばかりではなく行動しよう!

皆さんお早うございます。
皆さん、特に初心者の方技術を付け新たな職場に転職、就職するためスクールに通う決心をしても、まだ一歩前に進めないで悩みますよね。
でも考えてばかりいても物事はしんてんしない。
考えて結論がでたら、まず行動に移してみることが大事ではないでしょうか。
行動に移せば自分の考えが良いか悪いか見えてきます、そこで又もう一度立ち止まって考える。考えては行動をし、行動しては考える繰り返しの中から確実な成果が生み出されると思います。
さあ、悩んでいる方一歩前に歩き出しましょう。

   体験はこちら