自動化・省人化の波に呑み込まれないために。正栄で技術を学ぼう!

ありとあらゆる業種で人手不足が進む中、それを解決するためのオートメーション化、AI化が急速に進みつつあります。

機械業界では、米中貿易摩擦のあおりを受けて、これまで景気の良かった工作機械が苦しんでいる中、「自動化」・「省人化」というキーワードで、今まで人に任せていた仕事、作業を担当させるための機械が大きく注目を浴びています。

ほかにもシステム系、事務系の仕事では、RPA(AIロボットによる作業自動化)に興味を持つ企業が非常に多くなっているといいます。実際に銀行や金融系の企業では、これまで人が担ってきた作業が自動化され、多くの事務方の人員がリストラや配置転換の対象になっています。

設計の分野でもAIの進化はすさまじく、設計を自動化し業務効率をアップさせようという動きが進んでいます。

今はまだ大手が中心となっている動きですが、そこで導入に関するノウハウ、ナレッジが蓄積してくれば、いずれ中小にもその大きなうねりが降りてくるかもしれません。

この自動化・省人化の波に呑みこまれないために、専門的な知識や技術を身につけることはとても大切です。仕事の根本的な仕組みを理解していれば、自動化、AI化をコントロール、管理する側に回れるからです。

ただCADが使えるということは何の技術にもなりません。CADを使って何ができるかが技術です。正栄では本物の技術を教えています。

正栄の機会専科 工業デザインコースはこちら