CADオペレーターという仕事を簡単に考えてはいませんか?

皆さんお早うございます。正栄CADスクール代表の森川です。

皆さんの中には、CADオペレーターという仕事を簡単に考えている方がいるかもしれません。しかし、それは大変な間違いです。

CADスクールによっては、簡単に平面図から立面図、断面図を作れると謳うところがありますが、それは設計者が作ったものを写し取るだけの作業または修正だけの作業にすぎません。

自分で考えて断面図、立面図が作れる知識を習得するには時間がかかります。簡単に習得できるものではありません。あなたが通おうとしているCADスクールは、本当に図面について、きちんと教えてくれるのでしょうか?CADの操作だけで、図面に関することは付録ぐらいに考えているCADスクールが多いのではないでしょうか?

そのようなCADスクール出身者が設計会社、建築、機械の設計会社に入社して、苦労するばかりか、自分が持っている技術・知識と実際の仕事とのギャップから、トラブルを起こして1~2か月で退職してしまうというのが決して珍しくないのが現状です。

そんな事では高いお金を払って、CADスクールに通うのは無駄になってしまうのではないでしょうか?

ご自身の目標に近づくために、真剣にCADスクールを選ぶことが大切です。

自分がどんな仕事をやりたいのか、自分が入りたい企業はどのくらいのスキルを持った人材を求めているのか、それを実現するには、本当にこのスクールで良いのか、きちんと考えてみてください。

現在CADを学べるスクールが増えていることで、CADスクール選びにも情報が多くなりすぎて、難しくなっています。今後はこのブログを通じて、CADスクール選びの基準をご紹介していきたいと思います。

体験説明会のお申し込みはこちら

二級建築士実技試験コース 入学金免除+受講料20%オフ

こんにちは。正栄CADスクール代表の森川です。

今年度の二級建築士試験の申込み期間が終了しました。合格を目指す皆さんにとっては、これからより勉強に力が入ることだと思います。

二級建築士の試験で、より狭き門となっているのが実技試験(設計製図の試験)です。実技試験は5時間しかなく、その限られた時間の中で製図を行うには、課題をきちんと読み取って、ポイントを押さえる必要があります。また、手描きでの製図に慣れておく必要があります。

正栄CADスクールの二級建築士実技コースは、120時間をかけて、じっくりと実技試験の対策を学んでいくコースになります。今から学べば9月の本番までには、きちんとした実力をつけることができます。既に学科に合格している方で今年こそ実技試験を突破したいという方、学科は自信があるけれど、実技には不安がある方などにおすすめの講座内容です。

例年実技試験の合格率は5割程度です。つまりきちんと勉強して学科を合格する知識がある人たちでも半分は落ちてしまうということになります。実際に図面を描く作業は、知識だけではなかなか上手くいきません。

試験問題を前にしたその時に後悔しないために、正しい努力と準備をしておきましょう。

二級建築士コースについては、入学金免除+受講料20%オフ

で受講できますので、この機会に是非正栄CADスクールの門を叩いてみてください!

二級建築士コースはこちら

体験説明会のお申し込みはこちら

 

他スクールで失敗した方 失敗を取り戻そう!

こんにちは。正栄CADスクール代表の森川です。

5月のキャンペーンは他スクールで履修したものの就転職に失敗してしまった方、他スクールに通ったものの授業内容に満足できなかった方向けに、入学金オフ、受講料20%オフをさせていただく内容です。他スクールで失敗してしまった方、正栄で成功を掴んでください!

GoogleやYahooなどで「CAD」や「CADスクール」で検索すると多くのスクールの広告が出てきます。しかし、その多くはPCスクールだということにお気づきでしょうか?
確かにCADの使い方、操作スキルはアップするかもしれません。ではそれだけで実務ができるでしょうか。

実務とは「CADを操作」することではなく、「CADを使って何をやるか」です。

CADは確かに専門知識が必要ですが、あくまでツールです。同じく仕事をするのに必要不可欠であるWordやExcelが使えること=実務ができるということにはなりません。あくまでその先が大切なのです。

CADだけができるようになっても就職した後にできる事は限られます。ただの図面トレーサー・図面の修正など単純で簡単な仕事しかできることはないでしょう。言い換えれば、いくらでも代わりの効く人材でしかありません。そうなってしまうと、ちょっとした業績の変化で契約を切られたり、労働環境も給料も上がらないということは決して珍しいことではありません。

実際にこのような方たちが、紆余曲折を経て正栄にたどり着くケースがかなりあります。PCスクールでCADを学び、就転職に失敗した方、就職したもののすぐに離職してしまった方などが多く来られているのです。

正栄では現役の設計士が講師を務め、CADはもちろん、実務に必要な設計や製図の知識・技術を学ぶことができます。

「短期間でCADの実務が学べる」など甘い言葉に惑わされず、きちんと学べる環境を選択していただきたいと思います。

ちなみに今、体験説明会に参加していただいた方には、ボールペンをプレゼントしています。
是非お気軽に体験説明会にご参加ください。

体験説明会はこちら。

間違った広告に惑わされないよう!

おはようございます。正栄CADスクールの森川です。

皆さんCADスクールのネット広告で基礎製図を10時間ぐらいで又2週間で実務に役立つスキルが付く、資格が確実に取れるという広告が氾濫してます。

皆さんおかしいと思いませんか?そんな簡単に図面の知識とCAD操作ができるとは私はお思いません、当正栄CADスクールでは実務に役立つ建築、機械の基礎設計製図を必ず理解していただきCAD操作に移ります。

当CADスクールは設計会社が母体のスクールですから実務についてる現役の設計者が指導させていただいてます。ですから必ず就職先の会社で使用期間が過ぎたらただ単純なcadオペレータではなく実際の図面を設計者と打合せしながら一から図面を起こしてます。

単純なCAD操作しかできないオペレーターは図面の修正ばかりでせっかく入った会社を1年ぐらいでやめてしまうのが現実です。そんなCADオペレータには皆さんなりたくないですよね。長く勤務してスキルを上げて建築であれば2級建築士を目指すぐらいの夢を持ちましょう。

単純なCADオペレーターで使い捨てにされないよう又会社から大切にされるような人材になることを希望を持ちましょう。

将来に不安がある方相談したい方迷わず正栄CADスクールの門をたたいて下さい必ず解決できます。

では又

体験はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建築設計業界必須!BIMを学んでキャリアアップ!

こんにちは。正栄CADスクールの森川です。

現在建築業界では、CADと共にBIMを導入するプロジェクトが増えてきています。

BIMの詳しい説明については、長くなってしまうのでここでは書きませんが、2Dを3Dするのではなく、最初から3Dの設計データとして作成し、そこに属性を乗せることができるため、プロジェクトの管理が包括的にできることから、今後もBIM導入の割合はどんどん増えていくことが予想されます。

現状BIMを使用できる技術者は決して多くはないため、企業としてもBIMを扱える人材への需要は高まっています。

正栄CADスクールでも、企業研修でBIMの研修をして欲しいというご要望をいただくことが多くなっています。

今CADが使える方がBIMを学ぶことによって、さらにキャリアアップが望める可能性は非常に高いと言えるでしょう。

正栄CADスクールでも建築専科のコースで、CADではなくBIMソフト(Revit、Rebro)を選択して受講できるような体制を整えました。

CADオペレーターからさらにスキルアップしたい方、現在建築業界で働いていて、BIMでキャリアアップしたい方、正栄CADスクールでは、働きながらの受講も可能ですので、是非お問い合わせください。

体験説明会はこちらまで。

製図・CADを学ぶなら正栄CADスクール

CADオペレーターとして、確実に就転職を勝ち取ろう!

正栄CADスクール、今月のキャンペーンは「CADオペレーター」として就職や転職を考えている皆さんのために、全講座入学金免除+受講料20%オフとさせていただきます。

例えば、「CADオペ 求人」で検索すると、たくさんの求人情報が出てきます。コロナ禍による企業へのダメージがあり、採用についても絞っている企業が多いと言われる中でも、専門的な知識・技術をもつ人材の需要は高いのです。

また「未経験大歓迎」のような文言が書いてある求人情報も多いですが、実際にそれに応募したとしても、本当の未経験では厳しいのが実情です。CADを扱うような建築・機械・設備・電気などの業界では、企業が求める人材と就転職市場に出る人材に知識・技術の部分で大きなミスマッチがあります。

CADオペレーターというとCADソフトを使う人というイメージになりがちですが、実際にはCADソフトが使えるのは当たり前で、「CADを使って図面を作成できるかどうか」こそ企業が求めているところなのです。ただ図面を写すだけのCADトレーサーは必要とされていません。

正栄CADスクールでは、製図・設計を業務として行う企業への企業研修も行っております。新人研修はもちろん、ある程度キャリアを重ねた実務経験者もスキルアップのために研修に来るレベルです。それは現役の設計者が講師を務めているからであり、その内容は当然企業研修だけではなく、スクールに来る一般の生徒さんの講座にも反映されています。

CADオペレーターの就転職でありがちなのは、PCスクールなどでCAD操作を覚えて業界に入ったものの、設計製図への知識が追い付かず、短期間で離職してしまうケースです。正栄では短期間で退職してしまうようなレベルで生徒さんを卒業させることはありません。

現役設計事務所がバックボーンだからこそ生徒さんにきちんとした知識・技術を身につけていただき、採用した企業に損をさせることのない人材へと育成できます。

就職先の企業についても、個別のカウンセリングで生徒さんのやりたいことや業界の特長などを話しながらアドバイスさせていただきます。

就転職を目指すなら是非正栄CADスクールにご相談ください。一緒に夢を実現させましょう!

製図・CADを学ぶなら正栄CADスクール

オンライン講座がより利用しやすくなりました!

これまでAutoCADを使用する講座をオンラインで行う場合、ご自宅のPCにAutoCADをインストールしていただく必要がありました。

今後はリモートデスクトップとZOOMを組み合わせることで、AutoCADがご自宅のPCにインストールされていなくても、オンライン講座の受講が可能になります。

具体的には、アプリを介してご自宅のPCから正栄CADスクール内のPCにリモート接続、遠隔操作で正栄のPCにインストールされているAutoCADを操作する形になります。また同時にZOOMで講師と接続する形になります。

他のPCスクールのようにVODによる自習的な一方通行の内容ではなく、講師がZOOMの画面共有で課題の進捗を確認しつつ、分からないことがあれば個別で対応できますので、オンラインでもスクーリングによるマンツーマン形式での講座と同等のクオリティで学ぶことができます。

製図実技が講座内容に含まれている場合は、製図台等が必要になりますので、オンラインとスクーリングのハイブリッド講習になります。CADだけではなく、製図座学についてはオンライン受講が可能です。

(2022.4)製図実技が含まれているコース(例:建築専科等)でも100%オンラインで受講できるカリキュラムを整えました。(フルリモートをご希望の場合、手書きで図面を描く際に必要な道具を揃えていただく必要があります。詳細は体験説明会でお問い合わせください。)これにより全ての講座をフルリモートで受講いただけます。

東京近郊だけではなく、地方の方でも座学・実技ともオンラインで受講いただけ、実際に地方の方からもお問い合わせをたくさんいただいております。

フルリモートをご希望の方は、オンライン体験説明会にて簡単な接続テストを行い、回線やPCのスペック等を確認させていただきます。

これまではオンライン講座の場合、AutoCADのサブスクリプション費用が掛かることがネックでしたが、リモートデスクトップを利用することで、受講者のみなさんのソフトの費用負担がなくなります。

より利用しやすくなったオンライン講座を是非ご検討ください。体験説明会はこちら。

製図・CADを学ぶなら正栄CADスクール

女性限定!バレンタインキャンペーン

正栄CADスクール、2月は働く女性を応援するバレンタインキャンペーンとして、女性限定のお得なキャンペーンを実施致します。

2月中に体験説明会に参加し、入学申し込みの方限定で、全コース入学金無料+受講料15%オフ+教材費無料とさせていただきます。

CADの操作や、建築・機械業界未経験の方で、どのコースを受講したらよいか分からないという方でも大丈夫です。体験説明会で詳しくヒアリングさせていただき、おすすめのコースをご提案させていただきます。

現在オミクロン株が猛威をふるっていますので、来校していただく通常の体験説明会はもちろん、ZOOMによるオンライン体験説明会も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

体験説明会のお申し込みはこちら

新人研修のためのCAD特別コース

もうすぐ新年度が始まり、新入社員が入ってくる時期になります。しかし昨今は、社内の人的リソースが不足していることで、新人に対する研修をきちんと行うことができない企業も増えているということを耳にします。

またコロナ禍にあることも新人教育の難しさに拍車をかけていて、新人を集めての大規模研修が出来なかったり、社内で席を突き合わせていれば仕事の流れで教えられることも、リモートワークや出社制限などで、その機会を失っているという現状もあります。コロナ禍での新人教育、新人研修については、担当者の方も頭を抱えておられるのではないでしょうか。

正栄CADエデュケーションでは、新人研修のカリキュラムが充実しております。全くの未経験から建築・機械・設備・電気などの各業界にたくさんの生徒を送り出してきました。そこで培った豊富なノウハウで、様々な企業のニーズに合わせたオリジナルのオーダーメイドなカリキュラムを可能にしています。CADと製図の基礎から、その企業様で必要になる材料、力学、機械要素、関連法規なども組み込むことができます。また、研修後には研修に参加された社員の方の個人個人の評価レポートをお渡しいたします。

目安として、1日6時間を6日間の計36時間コースと、1日6時間を12日間の計72時間のコースをご用意しておりますが、こちらはあくまで目安ですので、お客様のご要望によって、研修時間の変更も可能です。

正栄CADスクール内で行い受け入れ研修、講師を企業様に派遣する出張研修のどちらも行っています。

新人研修にお悩みの経営者の方、人事担当の方、是非一度お問い合わせください。

また企業研修の詳細につきましては、こちらの企業研修特設ページよりご覧いただけます。

2級建築士試験 絶対落ちたくない人必見!

正栄2022年最初のキャンペーンとして、「2級建築士総合コース、学科コース」の受講料20%オフ+入学金無料+教材費無料のキャンペーンを実施します。

2020年(令和2年)の建築士法改正によって、建築士試験の受験要件が大幅に緩和されました。これまでは大学や専門学校の建築系の学部・学科を卒業する以外では、受験に際し「実務経験」が必須となっていました。

しかし改正後は、実務経験は「免許登録に対して必須」とされたため、合格後に実務経験を積む形でも良くなり、2級建築士試験の受験に際しては、どんな学歴であっても、学校卒業後すぐに受験できるということになり、建築士を目指す間口が大幅に広くなったのです。

背景には、建築業界の人手不足と高齢化問題があり、現在チャンスは広がっていると良いと思います。

とはいえ試験自体が簡単になったわけではありません。2級建築士試験は、非常に難易度の高い試験です。例年の合格率を見ると、まず学科試験の合格者が4割程度、そして学科試験の合格者のみが受験できる製図の実技試験の合格者が5割程度、よって全体での合格率は、2割から3割に届かないくらいです。

例年通りであれば、2022年度(令和4年度)も4月に申し込みが行われ、7月に学科試験、9月に製図の試験が実施されます。

このように大きくチャンスが広がる中、年初からきちんと勉強すれば、7月の試験に十分間に合います。正栄では、マンツーマンで基礎から学べるので、初めて受験する方でも安心です。資格取得に特化したカリキュラムで合格を目指します。

2級建築士は難関なので諦めてしまっている方、自分には遠い夢だと思っている方、そんなことはありません!あなたの夢は自分自身で勝ち取るのです。今年は夢を実現させましょう!是非、正栄にそのサポートをさせてください!